昨日の幸せ

【2022年夏休み】家族旅行から帰宅【栃木県三依~塩原】

おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。

前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は最終回、帰宅編です。

【2022年夏休み】家族旅行に行く計画【栃木県三依】早めの夏休みを取って家族で旅行に行きました。今日から何回かに分けて旅行の様子をお届けしていきたいと思います。今回は計画を立てる編です。...
【2022年夏休み】家族旅行に出発【栃木県三依】おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。 昨日に引き続き、家族旅行のお話です。今回は出発編です。...
【2022年夏休み】家族旅行で特急電車に乗る【栃木県三依】おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。 前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は特急電車に...
【2022年夏休み】家族旅行で散策と川遊び【栃木県三依】前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は散策と川遊び編です。...
【2022年夏休み】家族旅行で温泉とバーベキュー【栃木県三依】前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は温泉とバーベキュー編です。...
【2022年夏休み】家族旅行で木の葉化石園へ向かう【栃木県三依~塩原】前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は木の葉化石園へ向かう編です。...
【2022年夏休み】家族旅行で木の葉化石園の化石と鉱石【栃木県三依~塩原】前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は木の葉化石園の化石と鉱石編です。...
【2022年夏休み】家族旅行で木の葉化石園で化石発掘体験【栃木県三依~塩原】前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は木の葉化石園で化石発掘体験編です。...
目次
  • 帰り道
  • ひらやま
  • 特急電車で春日部へ
  • 春日部から自宅へ
  • 家族旅行まとめ

帰り道

空模様が少し怪しくなってきました。

楽しい化石発掘体験を終え、木の葉化石園からの帰り道を検索します。

  • 40分歩いてバス乗って駅から新幹線
  • 1時間半待ってバス乗って駅から特急

新幹線か特急か。この場合の乗る駅も違う駅です。新幹線の方が料金は2倍程ですが、電車好きの長男に新幹線に乗せてあげたい気持ちもあります。

しかし空模様も微妙。40分歩いている間に降られたらキツイ。

昼食の問題もあります。新幹線の駅まで行けば何かしら売っているでしょうが、特急の場合は調達場所がありません。無人駅から乗るのですから。

木の葉化石園周辺で昼食をとれるところがあればベターです。

さぁ検索を開始しよう。

あ、数分後に開店する食事処が木の葉化石園とバス停の間くらいにある。何この私たちの状況を知っていたかのように存在する食事処は。

もはや運命。行ってみましょう。そしてその後バスに乗って特急に乗って帰りましょう。

ひらやま

食事処「ひらやま」です。「からまつ」と言い、今回の旅行はひらがな四文字と縁がありますね。

私は海鮮丼、妻はまぐろ漬け丼、長男は焼きそばを注文。次男はベビーフードです。山の中なのに海の幸の丼。違和感。

1時間半あるので焦る必要も無く、ただ、絶対に遅れてはいけない。そんな状況です。このバスを逃すと次は1時間半後です。絶望です。

次男にベビーフードをあげつつ、海鮮丼を頬張ります。そして長男の残した焼きそばを食べます。なかなかの満腹感。ありがとうございました。

海鮮丼終了後、再び検索を始めます。

特急電車の指定席、ネットで買えるのでは?と思ったのです。そしてやっぱり買えました。今度は時間も早めでしたし4人ボックス席になるように取れました。

行きの電車とは違い特急電車内も4人で楽しめそうです。

【2022年夏休み】家族旅行で特急電車に乗る【栃木県三依】おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。 前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は特急電車に...

バスの時間まで少し早いですが、お会計を済ませ店を出ました。そしたら雨です。雨降ってました。しかも結構なザーザー降りです。

バス停に屋根なんかないので困りました。一旦、私が折り畳み傘でバス停まで行き時間の確認をします。よし、ネットの情報と合っている。

戻ってしばらく「ひらやま」の前で雨宿りをします。山の天気です。移ろいやすいのでしょう。しばらくすると小降りになったのでそのままバス停にみんなで向かいます。

バス停についてしばらく待ちますが時間になってもバスは来ません。5分遅れても来ません。バス停に書いてある電話番号に電話してみます。繋がりません。

バスから向かう駅の予定到着時間から15分後に特急電車出発予定です。この特急逃したら終わります。絶望です。

そして10分ほど遅れてバスは来ました。乗客がいます。地元民です。

私たちは焦っていますが地元民は自由です。バス停ではないところで「その橋の先で停めて」といった感じで自由に降りていきます。まぁおばあちゃんばかりでしたし仕方がないのでしょうけど。

駅についてホームまでダッシュです。ベビーカー抱えて長い階段を登ります。キツイ。エレベーターが欲しい。そして発車時間2分前にホームに着きました。間に合いました。

特急電車で春日部へ

無人駅からの特急なので電車の中で行き先を告げ特急料金以外の運賃を支払います。あとは春日部までゆっくりできます。

・・・と思いきやここで次男覚醒。それはそうです。ここまでほぼベビーカーに乗りっぱなしでしたからね。もう動く動く。

4人のボックス席にしているので周りに迷惑は掛かりません。ただ、私も妻も長男も疲労は限界です。

お菓子とジュースの後、妻と長男は寝てしまったので私は一人次男と遊んでいました。そのうちなんとなく眠そうな雰囲気を感じ取り、力を振り絞って立って抱っこをしながらあやします。体力は奪われますがこの体制が良く寝てくれるのです。

寝ませんでした。ぐぬぬ。

ぐぬぬしながら電車の外を見ていたのですが、鬼怒川温泉のあたり。廃墟と化したホテルが多いのが印象的でした。コロナの影響なのでしょうか。駅前のホテルなんて立地条件は良さそうに思うのですが・・・少し悲しくなりました。なんとかならないものなのでしょうかね。

そんなこんなで春日部に着きました。

春日部から自宅へ

ホームに降りると蒸し暑い。今まで涼しいところにいたんだな、ということが感じ取れます。

春日部の改札で前日の経緯を話し、車掌さんから貰った紙を渡してパスモのリセットを行います。

ここから普通電車です。時間もそれほど気にしなくても一本逃したくらいでは大した影響はありません。暑いですが安心感があります。

妻も長男も限界でしたのでほとんど寝てました。次男もベビーカーでおとなしくしてくれました。私も寝つつ起きつつで自宅最寄り駅です。

帰宅後に食事の用意をする気力が私も妻も無かったので駅前のお寿司屋さんで夕食です。疲労困憊で帰ってきた時はいつもここのお寿司屋さんです。

少し高いのですが子供に無料でおもちゃを一つくれます。助かります。

お寿司で少し体力を回復し、頑張って歩いて自宅に着きました。

「帰ってきた・・・・!!!」

遭難から帰還したような安心感、これで休めると思った安堵感、旅行行ってきたという達成感、なんだか色んな感情が渦巻きましたがとにかく家に着きました。

楽しかったです。お疲れさまでした。

家族旅行まとめ

帰ってきました。

初めての家族4人で1泊2日の旅行が終わりました。

大変でしたけど、疲れましたけど、楽しかったー!長男も「また行きたい!」と言っていますし、妻も満足そうです。次男は覚えてはいないでしょうからまた連れて行ってあげたいですね。

私はこどもの頃こういった家族旅行にはほぼ行った事がありませんでした。なので「長期休みに旅行に行く」という発想になかなか結び付かないのですが、こんなに楽しいものなら長期休みごとに行きたいですね。たくさん思いで作りたいです。

今回の旅行シリーズもこれで終わりです。旅行の工程が長かったのと、私の構成力の無さと、旅行の疲れなのか朝起きられなくなっていたので完結まで一か月近くかかってしまいました。長かった・・・。

日常の事が欠けてないのでネタが渋滞しています。これもおいおい書いていきますね。

今日の一言

「また行きたい!」

家族旅行のお話です。今回は最終回、帰宅編でした。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA