昨日の幸せ

【2022年夏休み】家族旅行で特急電車に乗る【栃木県三依】

おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。

前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は特急電車に乗る編です。

【2022年夏休み】家族旅行に行く計画【栃木県三依】早めの夏休みを取って家族で旅行に行きました。今日から何回かに分けて旅行の様子をお届けしていきたいと思います。今回は計画を立てる編です。...
【2022年夏休み】家族旅行に出発【栃木県三依】おはようございます。どじょうです。今日も朝4時頃に起きてブログを書いています。 昨日に引き続き、家族旅行のお話です。今回は出発編です。...
目次
  • 春日部駅にて
  • 特急電車に揺られて
  • 中三依温泉駅着!
  • 家族旅行で特急電車に乗るのまとめ

春日部駅にて

春日部駅から特急電車リバティに乗って行きます。

家を良い感じのタイミングで出発できたので春日部駅までは予定通りよりも早いタイミングで着きました。しかし春日部駅ではやらなければいけないことがあります。

重大なミッションです。

  • お昼ごはんの調達
  • 切符の購入

お昼ごはんは絶対に手に入れないといけません。

春日部駅に着くまでにずっと検索していましたが、リバティの中では車内販売は現在行われていません。新型コロナウイルス感染拡大防止の問題かと思われます。

春日部駅から特急電車に乗ったら次に降りるのは宿泊地最寄り駅の中三依温泉駅です。無人駅です。約二時間後です。

そこにはスーパーやコンビニなどは無いと調べがついています。

春日部駅で駅弁など購入できたらいいのですが、どうやら売っていない様子。

それと先ほど書きましたが目的地である中三依温泉駅は無人駅。パスモで行ってしまうと途中で現金での精算が必要となりめんどくさいです。

春日部駅では改札を出てから、お昼ご飯を調達し、切符を購入する必要があります。

とりあえず駅のホームにて特急券を買ってみます。4人分のボックス席を買いたかったのですが空きがありません。T字になるような歪な形での購入となります。

改札を出てみるとお弁当屋さん的なものは見当たりません。コンビニがありましたのでそこで買います。

コンビニを出て駅に戻り、券売機の前に立ちます。もう出発の時間はだいぶ迫っています。

ベビーカーなのでエレベーターを待つ時間など考えるとかなりギリギリです。そんな状況なのに切符をどう買ったらいいのかわかりません。

目的地の中三依温泉駅がなかなか見当たりません。見つけてもその料金が表示されません。

違う線に乗り入れてるのでしょうか?だとしてもその線がなんなのかわかりません。時間もありません。

結局パスモで入ることにしました。なので車内で精算。翌日春日部駅に戻ってきた時にパスモの入場履歴の削除をやってもらうという手間が発生してしまいました。

ここでももうドッタバタでしたがなんとか特急電車リバティに乗ることができました。

特急電車に揺られて

歪なT字での座席取りだったので一つをベビーカー置き、並んだ二つを妻と長男、余ったひとつで次男を抱えた私で座ります。

まずだいぶ体力を消耗していた長男に妻と一緒にお昼ご飯を食べさせます。

その間ほぼほぼ満席の社内で次男を抱えながら、あやしながら過ごします。隣には知らない方が座っていらっしゃいますので騒がないように注意しながらとなります。

そんなことしていたらなんとなく匂いが・・・。特急電車内のトイレで悪戦苦闘しながら次男のおむつを替えたりします。

お昼ご飯食べ終わったら妻と交代で私と次男もお昼ご飯を食べます。次男はベビーフード。私はおにぎりです。

ご飯を食べ終わり鬼怒川温泉駅付近で乗客のほとんどが降ります。

だいぶガランとした特急電車になりました。

私はずっと外の景色を見ていました。長男は妻が用意したシールブックで遊んでいました。妻と次男は寝ていました。

やはり席が少し離れていると会話もできないですね。この新型コロナウイルスのご時世としては正解なのかもしれませんが。

あと何駅かで中三依温泉駅というとき、車内アナウンスが流れます。

「ここから先無人駅となりますので、ICカードで入場の方は車内で現金精算してください。」的な内容です。

仕方がありません。車掌さんを探しに行って現金精算をします。

ベビーカーのセッティングでドタバタしたくないので余裕をもって出口付近にて準備。余裕をもって駅に降りることができました。

中三依温泉駅、到着です!

中三依温泉駅着!

14時ごろ中三依温泉駅に着きました。

家を出た時よりは涼しい感じがしますがそれでも暑いです。THE田舎駅、という感じが否めません。

ホームから降りる階段がやたらと長いです。当然ですがエレベーターはありません。私はベビーカーを担いで、妻は次男を抱えて降ります。結構怖いです。

田舎駅あるあるだと思うのですが、やたらと虫が死んでいます。それに長男が怖がっています。

改札・・・というか誰もいないかつて改札だったであろうところから出ます。

本当に誰もいません。お店もありませんが「**屋」という看板があります。「**」の部分は隠れていて読めません。

家はあります。人が住んでいる感じはありますが、人の姿はありません。

よく観光地の駅前にあるような地図があります。だいぶ時間が経っているのでしょう。色褪せています。

とにかく着きました。電車を逃したらたどり着けなかった目的の駅まで辿り着きました。

安堵感マックスでした。

家族旅行で特急電車に乗るのまとめ

乗る直前に本当にドタバタしましたが特急電車に無事に乗り、目的地の駅まで辿り着きました。

いや、一安心です。辿り着かない可能性があったので無事辿り着いて本当に良かった。

あと新幹線じゃなくて特急電車にして良かったなとも思いました。

特急電車って通常の鈍行列車を同じ線路を走るじゃないですか。なので外の景色が普通の電車に乗ってる感じなんです。

そんな感じなんですけど長距離乗るのでだんだんと変わっていく感じなんです。目線もだいぶ低いところから風景を見ることができます。近くに感じます。

新幹線であれば新幹線用の線路を走るので少し高い目線になってしまい、風景も少し遠くに感じると思うんです。速くてかっこいいですけどね。

私は特急電車の方が好きですね。

さて、駅についてたのでここからは移動ではなく、遊びや食事です。また次回お伝えしたいと思います。

今日の一言

私は特急電車の方が好きです

前回にに引き続き、家族旅行のお話です。今回は特急電車に乗る編でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA