昨日の幸せ

家族とブルーハーツと幸せと

我が家の音楽にまつわる幸せをお伝えします、というお話です。

こんにちは。
どじょうです。

はじめに

子育て中のおとうさん、おかあさん。
音楽は好きですか?
お子さまはどうですか?

我が家はわりとみんな音楽好きです。
私自身もかつてバンドでギターを弾いたりしていましたので、子供たちが音楽好きになってくれるのは嬉しい限りです。

今日はそんな我が家の音楽事情について、その幸せについて、お話ししたいと思います。

最近我が家で流れている音楽

最近我が家ではTHE BLUE HEARTSがガンガンに流れています。
YouTubeで公式チャンネルも開設されましたね。
とうちゃん、かあちゃん、長男は一緒に歌っています。
次男はそれを聞いてスヤスヤと眠りにつきます。

次男の場合

お風呂など、一人で待ってもらう時もだいたいブルーハーツ。
グズってあやす時もブルーハーツ。
長男があやそうとするときは大声でTRAIN-TRAINを歌います。
なんというかもう幸せです。


長男の場合

何かあると「YouTubeでブルーハーツ観たい」と言ってきます。
気が付くとブルーハーツ口ずさんでます。
TRAIN-TRAIN、すてごま、あの娘にタッチなんかが多い気がします。
なんというかもう幸せです。

かあちゃんの場合

元々そんなに詳しい訳では無く有名曲だけ知ってるような状況。
でもこんな状況なのでYouTube流しながら歌ってます。
なんというかもう幸せです。

とうちゃんの場合

元々ブルーハーツと出会ってから人生大きく変わった人。
ブルーハーツと出会ってから人生が始まったと言っても過言ではない人。
そのブルーハーツを家族みんなで歌っている。
なんというかもう幸せです。

はじまりは多分「夏のぬけがら」

こんな幸せなブルーハーツが流れる家になったはじまりは、長男が生まれてすぐのことだと思います。
グズってどうしても落ち着かない。
とうちゃんのスタンドバイミーも、かあちゃんのアンパンマンのマーチも効かない。
そこで色々試した一つが真島昌利の「夏のぬけがら」というアルバムでした。

ブルーハーツのギタリスト、真島昌利のソロアルバムですね。
三曲目の「さよならビリーザキッド」で寝落ちてました。
この時既になんというかもう幸せでしたね。

それから落ち着かないときはすぐ夏のぬけがらを流してましたね。
秋になっても冬になっても春になっても夏のぬけがらでした。

長男、成長する

長男がもう少し大きくなった頃。
一緒に簡単な歌なら歌えるようになった頃。
夏のぬけがらはもう覚えていませんでしたので、色々聴かせてみました。

ザ・クロマニヨンズ「くま」
THE HIGH-LOWS「いかすぜOK」「バームクーヘン」「夏なんだな」「夏の地図」
このあたりがお気に入りでした。

なので、私がギターを弾き、長男と一緒に歌う、なんてことを楽しんでいました。
ここでもなんというかもう幸せです。

でもなんでかこの時はブルーハーツはお気に召さなかったんですよね・・・。

次男、産まれる

その後次男が産まれます。
やっぱり兄弟だし夏のぬけがらでリラックスかなと思いきやそうでもない。
そこで色々探してたどり着いたのがブルーハーツでした。

長男の場合は我々の歌声ではあまり効果がなく、ホンモノの歌声を聞くとで落ち着く、という感じでした。
次男は・・・誰の歌声でも良いようでした。
なので我々も歌うようになりました。

このあたりで公式YouTubeチャンネルが開設。
PVが観られるので長男も観たがり、一緒に歌うようになりました。
家族の一体感でなんというかもう幸せです。

次男のお気に入り

「夢」「夕暮れ」「情熱の薔薇」あたりが好きみたいですね。
私の歌う「手紙」「雨あがり」「TOO MUCH PAIN」「夕暮れ」あたりでもよく眠っていますね。

まとめ

元々自分が好きなものを家族が好きになってくれて、共有することができるってなんて幸せなことなのでしょう。

ブルーハーツ以外にも色んな音楽を聴いて好きになってもらいたい。
それで自分で好きな音楽を見つけてほしい。
それを大事な人と共有できるようになってほしいなと思います。
音楽以外のことも好きなことを思いっきり好きにやってもらいたいですね。

  • 自分で好きな音楽を見つけてほしい
  • 大事な人と共有できるようになってほしい

子育て中のおとうさん、おかあさん。
ご自身の好きなこと、お子さまと共有できたら幸せですよ。
強制的には良くないと思いますが、少なくとも私は家族に幸せにしてもらえました。

我が家の音楽にまつわる幸せをお伝えします、というお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA