生き方

お酒との楽しい付き合い方

お酒と楽しく付き合うために飲むときのルールを定めてみました、というお話です。

おはようございます。どじょうです。今日も4時に起きて色々やっています。

お酒、好きですか?私は好きですが、弱いです。

年々弱くなっている気がします。以前に比べ、次の日に残ることも本当に多くなりました。

新型コロナウイルスの蔓延により、外に飲みに行かなくなりました。もう最後に飲みに行ったのがいつなのかは思い出せません。

自宅で飲んでるのに次の日に影響が出てしまう。この状態は良くないですし、嫌なのでルールを定めてみました。

目次
  • ルールの概要
  • ルールの考え方
  • こんな失敗がありました
  • お酒を飲むときのルールまとめ

ルールの概要

定時で帰ることができたときのみ飲んでいいことにしました。

外に飲みには行かない前提ですね。今後状況が変わって外に飲みに行くことがあったらその時また考えますが、しばらくは自宅になるでしょう。

元々毎日飲んでいたわけでもなく、週に2~3回くらいでした。その2~3日の飲む日の決め方が上記ですね。

また、飲むタイミングは晩酌もしくは、お風呂あがりのひと時と決めました。

家族みんなが寝た後に一人で飲む、みたいなことは辞めにします。

ルールの考え方

考え方としては感情ではなく、時間で動くという考え方です。

今までは今日は忙しかったけど頑張れたから飲もうかなとか、明日休みだしいいかなとか感情で飲むかどうか決めていました。

でもこれだとだいたい遅い時間に飲むことになってしまうのです。それだと次の日に影響が出て当然です。

休みの日と言っても仕事が休みなだけであって、他にやりたいことはたくさんあるのです。大切な家族との時間も減ってしまいます。

今後定時で帰れた=頑張れたという感覚になれればなお良いのかなと思います。

こんな失敗がありました

仕事が忙しくて帰るのが遅くなってしまったとき。「今日は頑張ったし、明日休みだし、お酒飲もうかな。」とビールを買って帰りました。

自宅につき自分のことは後回しにしてこども達を寝かしつけ、妻と少し話をしながら晩酌です。

そのうち食事も終わりお酒とおつまみだけになり、妻は先に寝ました。

一人で動画なんかをみながら、音楽を聴きながら楽しく飲んでいました。しかし買ってきたビールだけでは足りなくなってしまったので近くのコンビニまで買い足しに行きました。

そうこうしているうちに朝が近くなってきてしまいました。元々帰宅時間も遅かったこともあります。いい加減寝ようと思い、ベッドに入りました。

数時間ののち目覚めますが完全に二日酔いです。身体が思うように動きませんし、気分も悪く、判断力も低下しています。

なにより長男が話しかけてきてくれているのにまともに返す気力がありません。

長男は寂しそうというかなんというか、悲しい表情をしています。

長男が幼稚園に送った後も、寝不足なので頭にもやがかかったような感じで一日を過ごすことになりました。

何をするにも気力が無く、どんよりとした一日になってしまいました・・・・・。

とても後悔した夜中の数時間の楽しみのために一日を棒に振ってしまったというお話です。

書いたのはある一つのエピソードですが、これに似たようなことが何回もあります。学びませんね。

本当に時間の使い方がもったいないな、と思ったのでルールを定めることにしたのです。

お酒を飲むときのルールまとめ

こんな形でお酒を飲むときは定時で帰ることができたときのみ飲んでいいというルールを定めてみました。

これから実践するので効果のほどはまだわかりません。しばらくしたら報告したいと考えています。

もしかしたらそんなんだったら飲まなきゃいいじゃんという意見もあるかもしれませんが、お酒は好きは好きなのです。まずは楽しく付き合える方法を模索したいと考えました。

どうしても楽しく付き合えないようなら辞めることも検討します。

今日の一言

お酒とは楽しく付き合いたい

お酒と楽しく付き合うために飲むときのルールを定めてみました、というお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA