子育て

子供が親に甘えるということ

子どもが親に甘えるということに気が付けませんでした。反省して改めます、というお話です。

おはようございます。
どじょうです。

最近の長男の様子

最近長男の様子がおかしかったのです。
自分でできるはずのことを「やって」と言ってきたり。
独りでいられる状況なのに「寂しい」「一緒にいてほしい」と言ってきたり。

例えば歯磨き。
朝も昼も自分でやってるんです。
夜だけ仕上げ磨きを私か妻がやっていますが「今日は疲れたからとうちゃんがやって」など言ってくる。

例えば睡眠。
元々一人で寝室に行って一人で寝ることができていました。
でも寝るとき「寂しい」と言ったり、起きた時私がいないと泣いてわめいて「一緒にいてほしい」と言ってきたり。

私の対応

それに対して私は正直イラっとしてました。
何をふざけてるんだ!と思ってました。

もちろんできないことを無理にやれとは言いません。
やってあげたり、一緒にやったり対応します。
でも今までできていたことをやってほしいと言ってくる。
なんなんだよ!って思ってました。

妻からの証言

そしたら昨日妻から言われました。
「私に歯磨きしてほしいなんて言ってこないよ」と。
じゃあ私はなめられてるんだなとまたイラっとしましたが、そうではなかったようです。

妻が「抱っこなんかもそうだけど、私は身体的にも体力的にも、もうしてあげられないけど、とうちゃんだったらしてくれる、みたいなことはあるみたいよ。」と。

考察

考えてみるとそうかもしれません。
次男が生まれて妻が次男につきっきりになって。
長男にとっての拠り所は私だけだったのかもしれません。

私は親に甘える、ということができませんでした。
物心つく前はしてたかもしれませんし、物心ついた後も挑戦した記憶はあります。
でも受け入れてもらえた記憶はありません。

自分の経験が嫌で、自分の子供にはそんな思いさせないようにしよう、という気持ちで子育てしてきたつもりですが、できてませんでした。

後悔と反省です。

これから

多分どこかのタイミングで自立心が芽生えるのでしょう。
それまで甘えさせてあげることができるのは現状私だけ。
思いっきり甘えさせてあげよう、と思いました。

ただ、何でもかんでもやってあげるのではなく、「とうちゃんは長男が頑張って自分でやってる姿も見たい」ということは伝えつつ、甘えさせてあげようと思います。

  • 子供が親に甘えるのは当然のこと
  • 思いっきり甘えさせてあげよう

このタイミングで妻が教えてくれてよかった。
もっと遅かったら長男の心に傷を作ってたかもしれない。
妻よ、教えてくれてありがとう。

子どもが親に甘えるということに気が付けませんでした。反省して改めます、というお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA