生き方

夜明け前

おはようございます。どじょうです。今日も4時に起きて色々やっています。4時に起きて外を見ると今の季節は真っ暗です。真夜中と同じ、闇ですね。夏に向けて段々と早い時間から「朝」という感じになっていきます。それなのに「おはようございます」と言っている自分に変な感じがします。変な感じはしますが、「もともと自分は変な人間だ」と思っているので妙な納得感もあります。

目次
  • 窓を開けると
  • 聞こえてくる音
  • 思考と身体
  • 漂う匂い
  • 灰色の空の朝っぽさ

窓を開けると

洗濯機のスイッチを入れ、朝炊く米を水に浸し、自分の部屋の窓を開けると斜め向かいの家の電気がいつもついています。自分が変な時間に起きている自覚があります。あの家にも変な人間が住んでいるのでしょう。どんな変なことをしているのでしょう。事情があるのでしょうか。電気を消し忘れているだけで寝ているのでしょうか。防犯上わざとつけているのでしょうか。答えの出ない妄想は楽しいですね。私は考えること、考えを巡らせることは大好きです。

聞こえてくる音

音も静かです。洗濯機の動く音。パソコンのキーボードをたたく音。たまに鳥の鳴き声が聞こえる時もあります。それと”しん”という音。個人的な感覚ですが、この「”しん”という音」が一番うるさいです。内から出ている音ではない音だからでしょうか。その音の向こう側に洗濯機の音が聞こえているのが通常です。あ、よく聞くとパソコンの起動音も聞こえています。自分の周りの音でしか構成されていない世界。楽しいですね。あ、今気が付きましたが時計の秒針の動く音も聞こえています。当たり前すぎて気が付かなかったのかもしれませんね。新しい発見です。

思考と身体

頭の感覚も寝起きなのでボーっとしているかと言うとそうでもありません。もちろんベッドで目が覚めた時はある程度ボーっとしています。その後の洗濯、炊飯の準備、トイレを経てのデスクに座る頃にはスッキリした状態になっています。身体はあちこち痛いので、思考がそちらに持っていかれます。ストレッチをして体をほぐすとまたスッキリしてきます。思考と身体は連動しているな、ということを感じる瞬間です。生きていくことはバランスをとる事なんだなと実感します。

漂う匂い

この部屋で窓を開けると時間帯によって様々な匂いがします。夕方なんかは近所の家の夕食の匂いが漂ってきます。以前から不思議だったんですが、あの夕食の匂いってなんで他人の家の匂いが気が付くのでしょう。自宅の夕食の匂いってあまり漂ってこない気がします。気のせいでしょうか。隣の芝は青く見える的なことでしょうか。人間の感覚って不思議ですね。この夜明け前の時間では草木や自然の匂いが感じられます。どうやら夜中雨が降っていたようで、今日は雨と土のにおいがします。自然の中で生きている実感ができますね。

灰色の空の朝っぽさ

この文章を書き始めた頃は真っ暗闇でしたが、書いているうちに朝っぽさが出てきて今は灰色の空が見えます。家族四人が同じ家にいる。でも起きて動いているのは私だけ。私だけの時間から段々と家の外側の世界が、世の中が動き出すような感覚。世界が動き出した。家族が起きる前までに何かできることは無いだろうか。家族のため、自分のためにできることは無いだろうか。考えて実行する。そんなことができるなんて、感じられるなんて幸せなことです。

洗濯機が止まる音がしました。洗濯物を干してきますのでこの文章を終えます。洗濯物を干した後にアップロード作業に入りたいと思います。今日もまた一日が始まりますね。みなさん、無理せず頑張っていきましょう。最後までお読みいただき、ありがとうございました。また明日お会いしましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA