家庭菜園

長男とはつか大根の種まき。発芽するかな?

長男とはつか大根の種を撒いた、というお話です。

おはようございます。どじょうです。今日も4時に起きて色々やっています。

最近春めいた陽気になったり、急に寒くなったりしていますね。いかがお過ごしでしょうか。

冬の間はなかなか難しいですが、私は野菜を育てています。本当に片手間の趣味程度ですけどね。

自然と触れ合うのも楽しいですし、収穫したものを食べるのも楽しいです。

いつも長男を誘って一緒に作業することが多いですが、今回はちょっと流れが違いました。

そんないつもとはちょっと違う野菜作りのお話をさせて頂きたいと思います。

目次
  • 長男「最近種撒いてないね。撒きたい。」
  • 毎年の家庭菜園
  • 発芽するかな?しないかな?
  • 長男と種まきのまとめ

長男「最近種撒いてないね。撒きたい。」

先日、長男が話しかけてきました。

  • 長男「ねえ、とうちゃん。最近種撒いてないね。」
  • どじょう「そうだね。次男産まれたりで忙しかったもんね。」
  • 長男「撒きたい。」
  • どじょう「お!撒きたいか。」
  • 長男「うん。」
  • どじょう「そうかそうか。んじゃ今から撒こう。」
  • 長男「やったー!」
  • どじょう「何撒こうか。前やったけどはつか大根かな。」
  • 長男「それにする!」

と、いうわけではつか大根の種を撒くことになりました。

自発的に動くことが少ない長男です。

今までの野菜の種まきなんかも私が誘ったからやってくれている、という感じでした。

なのでとうちゃんはなにより長男から言ってきてくれた事が超嬉しいのでした。

何年か前にダイソーで買ってきたはつか大根の種二種類を撒きました。

プランター栽培です。

「耕す、肥料と石灰を入れる、耕す、均す、種をまく、ヤシガラで覆う、水を撒く」こんな工程ですね。

ほんとは一直線になるように撒いた方がいいのでしょうが、全面にばら撒きます。なんとなくその方がうまくいく気がしました。

長男もたのしそうにやっていました。とても幸せな時間でした。

これからの成長が楽しみです。

毎年の家庭菜園

本当に片手間ではありますが毎年野菜を育てています

庭の小さい畑、水耕栽培、プランター栽培の三種類をやっています。

今まで育てたものはだいたい以下の通りです。

庭の小さい畑
  • 里芋
  • カブ
  • ごぼう
  • ゴーヤ
  • キュウリ
  • アスパラガス
  • ミョウガ
  • トマト
水耕栽培
  • なす
  • おくら
  • いんげん
  • ミニトマト
  • 枝豆
  • ししとう
  • 小松菜
  • 水菜
  • ほうれんそう
プランター栽培
  • はつか大根
  • ズッキーニ

振り返ると色々やってますね。

特に水耕栽培は色々考えて装置を作り替えながら試行錯誤やっています。

庭がどうしても日当たりが悪いのです。駐車場が日当たりがいいのです。なんとか駐車場で野菜を育てようと辿り着いたのが水耕栽培でした。

水耕栽培についてもいつか記事にしたいですね。

これからも長男と共に野菜育てていこうと思います。

発芽するかな?しないかな?

そんなわけで種を撒いたのですがちょっとだけ気になる事があります。

発芽するのでしょうか。

何年も前の種です。撒き方も自己流です。季節も合っていません。

種袋の注意書きを見ると夏に撒いて秋に収穫くらいの感覚です。

わかってはいたのですが、考えもあって強行しています。

それは失敗も勉強になると思ったことと自然の力そんなにやわなじゃないと思ったことです。

今回は長男が言ってきてくれた事なので長男の成長につながってほしいと思っています。

上手くいかなければ、どうすればうまくいくのか考えてやり直すいいきっかけになります。

上手くいけば、自然の力って強いなと学ぶことができます。

発芽するでもしないでもいいのです。最終的には収穫を目指しますけどね。

「学ぼう。失敗から挑戦することを。」そして「信じよう。自然の力を。」そんな感じです。

長男と種まきのまとめ

といった感じで長男と種まきをしました。

何かを育てることも、自然も私は大好きなので楽しかったです。そしてこれからの展開が楽しみです。

なにより長男から言ってきてくれた事が本当にうれしかったです。

発芽するかどうかはわかりませんが、まずは信じてみようと思います。

また、これから他の方法でも野菜を育てていこうと思います。

今日の一言

発芽するかな?信じよう。自然の力!

長男とはつか大根の種を撒いた、というお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA