子育て

長男の気持ち

長男に泣かれてしまった話です。

おはようございます。
どじょうです。

昨日の出来事です。

長男に泣かれてしまいました。
私が悪かったと反省しています。
次からは思いっきり遊ぼうと思います。

事の経緯

午後、幼稚園から帰ってきた長男と遊ぶ約束をしていました。
ただ、昨日は朝から体調が悪く、ぐったりしていました。

午前中からずっとぐったりしていたのですが、回復しませんでした。
しかし時間は流れていきます。
妻と次男は買い物にでかけ、長男と遊ぶ時間がやってきました。

図書館で借りてきた本を一緒に読もうと言うので読んでいました。
恐竜の本が中心ですが、最近は鉱物にも興味があるようです。

最初は一緒に読んでいたのですが、耐えきれなくなり横になりながら読んでいました。
途中寝落ちてしまったりしていたので長男は不満そうでした。

妻と次男も帰ってきて、私も少しだけ動けるようになってきました。
家事がたまっていたので片づけることにしました。

長男はSpotifyでスーパー戦隊シリーズの曲を一緒に歌いながら私は家事を片付けました。
畳んだ洗濯物を二階に持っていった時でした。
長男が泣き出したのです。

降りてきた私に泣きながら「今何する時間ですか!」と言ってきました。

「今何する時間ですか」とは私が長男によく使う言葉です。

例えば食事中に食事に集中していないとき
私「今何する時間ですか」
長男「ごはん」
私「そうですね。じゃあご飯に集中しましょう」

といったような感じで使っています。

長男「今何する時間ですか」
私「長男と遊ぶ時間です」
長男「そうですね」
ここまでで長男は言葉に詰まってしまいました。

多分「今僕と遊ぶ時間なのに急にいなくならないでよ!もっと集中して遊んでよ!」ということだと思います。
謝罪をしてそのあとはずっと一緒にいることにしました。

思い返してみれば幼稚園から帰ってきた時から不満そうでした。
もっと思い返してみれば朝から不満そうだったような気もします。

原因考察

原因を考えてみました。
一昨日の夜からすでに始まっていたのだと思います。

一昨日は用事があったので帰りが深夜になってしまいました。

普段は長男と私が二階のベッド。
次男と妻が一階の布団で寝ています。

ただ、私が不在だったので一階の布団で長男、次男、妻の三人で寝ることなりました。

妻からの話では長男も次男もいつもと感じが違うからなのか、眠れなかったようだと聞いていました。
その時は気にしていませんでしたが、後から長男の話を聞いて反省しました。

長男としては寂しかったから眠れなかったとのことでした。

用事があったからとはいえ、寂しい思いをさせてしまった。
その気持ちを前日夜から抱えていて、やっと遊べると思ったらちゃんと遊んでくれないし、急にいなくなるしで感情があふれて泣き出したのでしょう。

今後の対応

体調管理もですけど、息子に対してしっかり向き合っていなかったように思います。
普段「とうちゃんよりかあちゃんが好き」と言ってくるので、大丈夫かと思っていました。

言葉ではそう言ってても私の存在も大きいのでしょう。
私自身が親の事が嫌いなので感覚がよくわからないのですが、きっとそういうことなのでしょう。

ごめんよ長男。
これからは今以上に向き合います。

長男に泣かれてしまった話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA