生き方

私なりの瞑想の定義とやり方について

私なりの瞑想の定義とやり方についてのお話です。

おはようございます。
どじょうです。

一行目がタイトル通りそのままは初めてかもしれませんね。

目次
  • 瞑想について調べる
  • 私なりの定義
  • 私なりのやり方
  • 効果の実感
  • まとめ

瞑想について調べる

瞑想、響き的には何か宗教的なものを感じます。
ただ、流行っているというか、知名度が上がってきたというか、そんな感じなのでしょうか。
目に、耳に、する機会が増えました。

気になって調べてみると色々出てきます。

「今、ここ、を感じる」
「座禅を組んで呼吸に集中する」
「○○秒吸って○○秒吐く」

などなどやり方も色々。

効果に関しては割と共通していましたね。

集中力増加
精神安定
健康増進

まとめるとこのあたりが主な効果でしょうか。

でもですね。
書いてある通りにやってもなんだかわけわかんないんですよね。

YouTubeで誘導してくれる動画とかもあるんですけど、これもなんだかよくわからない。

声が心地よくて気に入ってるチャンネルがありました。
しかし、一番聞いていた動画は残念ながら消されてしまいましたね。

なのでよくわからないままなのですが、これでは嫌です。

もはや私なりに定義して、私なりのやり方をやってみることにしました。

私なりの定義

「何も考えていないことのみを考える時間を過ごす」

これを私なりの定義としました。

調べた情報を私の中で統合して吐き出した答えがこれでした。

  • 要は呼吸を一定することによって呼吸しか考えられないようにする。
  • ということは何も考えてない訳では無くて、考えてはいる。
  • だけど呼吸って考えながらするものではない。
  • ということは考えてないことを考える、という時間が瞑想なのかな。

こんなような考え方です。
他にも出てきた情報と照らし合わせると「何も考えていないことのみを考える時間を過ごす」というのは私の中では腑に落ちる言葉でした。

私なりのやり方

「しーん、とした音を聞くことに集中する」

これが私なりのやり方です。

誰もいない静かな部屋。
音がしないけどよーく耳を澄ますと「しーん」という音が聞こえる、という感覚解りますかね。

その「しーん」という音を集中して聞いています。

そうすると過去の出来事とか、未来の心配事とか頭に浮かんできます。
浮かんではきますが、集中して「しーん」を聞いていると浮かんだものが「しーん」に吸い込まれて消えていきます。

そのうち頭の中は「しーん」に支配されて「何も考えていないことのみを考える」状態になります。

これを寝る前とか、何かにイライラしてしまったときとかにやっています。

効果の実感

集中したいときに集中できるようになった、という実感はあります。

この私なりの瞑想しているときというのは「集中する練習をしている」ような感覚だからだと思われます。
あ、今思いつきましたけど「ゾーンに入る」とかってこんな感じなんでしょうかね。

精神の安定には繋がっている実感はないですね。
安定させたいです。
穏やかでいたい。
でもイライラしてしまいますね。

健康なっているかどうかはよくわかりませんね。
風邪ひいちゃったし。

まとめ

正しいか正しくないかもわかりません。
でも少なくとも集中できるようにはなりました。

私の場合は、というだけのことかもしれませんけどね。

  • 何も考えていないことのみを考える時間を過ごす
  • しーん、とした音を聞くことに集中する

瞑想やってみたいけどできないという方。
こんな定義とやり方もありますので参考にしてみてください。

私なりの瞑想の定義とやり方についてというお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA