料理

休日の幸せなお昼のパン

仕事が休みの日はパンを焼いて昼食をとることが多いです、というお話です。

おはようございます。
どじょうです。

仕事が休みの日にはよくパンを焼いています。

きっかけ

朝食が終わったら仕込んで、昼前に焼いて昼食で食べる、といった感じですね。

以前は近所のパン屋さんで買ったパンを食べていました。
妻のリクエストを聞いて買いに行ったり、一緒に買いに行ったりしていました。

しかし、気付いてしまったのです。
めんどくさいということに。

移動すること。
選ぶこと。
品切れがあるかもしれないこと。

妻と出かけられることだけがメリットでした。
しかし妻はインドア派。
そんなに毎回ノリノリで「出かけよう!」とはならないのです。

私にとっては不確かな要素が一番めんどくさいのです。

作ってみようかな。
そう思い立って作るようになりました。

パンを焼く

パンを作ったことがある人はわかると思うのですが、パン作りもまぁまぁめんどくさい工程です。

一般的なパンの作り方は多分こんな感じ

  • 材料を混ぜる
  • 捏ねる
  • 油分(バターなど)を加える
  • 捏ねる
  • 一次発酵させる
  • 発酵具合を確かめる
  • ガス抜きをする
  • 一つずつに分ける
  • 成形する
  • 二次発酵させる
  • オーブンで焼く
  • 焼いたあと少し待つ

料理教室なんかに通ったことは無いのでYouTubeやネット記事で調べました。
だいたいこんな感じかと思います。

できるだけめんどくさくないように工程を削っていった結果。
私の場合は以下の通りとなりました。

  • 材料を混ぜる(油分含む)
  • 球体にする
  • 発酵させる(午前中ずっと常温放置)
  • オーブンで焼く

そんなに手間ではないです。

一度「混ぜる」と「球体にする」の工程も省いてみたのですがパンになりませんでした。
捏ねる必要はなくても、混ぜてまとめる必要はあるようです。

あ、もちろん捏ねて一次発酵、二次発酵させた方がクオリティの高いパンが出来上がりますよ。

しかし私はそこまで求めていなかった、とうことです。

自分の基準

お店に出すわけでもない。
誰に評価されるわけでもない。
自分たちが幸せになれればそれでいいのです。

朝の気分で味を変えられるのもメリットですね。

油分はバターかオリーブオイル。
水分は水か牛乳。

この4パターンの組み合わせでも随分味は違います。
最近はオリーブオイル+水の組み合わせが多いかな?
フォカッチャっぽいものが出来上がります。

小分けにしないで、大きいパンを一つ作る事になります。
家族なんだし、ちぎって分ければいいですよね。

焼き方も自由自在です。
温度を高めれば表面カリカリに。
温度下げれば表面もフワフワにできます。

今日の気分に合わせて、幸せな昼食をイメージしながら台所に立つ。
朝の食器の型付けの後、ほんの5分ほどの作業で昼食の準備は半分は完了です。

やはり基本を押さえておけば応用は発想次第ですね。
一応私的な最近のレシピを載せておきます。

材料

  • 強力粉:150g
  • 水:100cc
  • 塩:2g
  • 砂糖:5g
  • イースト:3g
  • オリーブオイル:10g

工程

  • 強力粉以外を混ぜ合わせる
  • 溶けるもの溶けたら強力粉も混ぜる
  • 球体になるまでまとまったらクッキングペーパーの上に置く
  • 乾かないように何かしらで覆う
  • 午前中ずっと放置
  • 130~170℃で予熱したオーブンで20分焼く

こんな感じです。

分量は雑でも大丈夫。
粉と水は3:2になる感じなら別の量でも大丈夫。
その場合塩とかの分量はそのままでも大丈夫。
店に出すわけでもないから大丈夫。
※作ってみるなら諸々自己責任でお願いしますね。

各々の好みがあると思うので、自分の幸せを探してみるといいかもしれませんね。

手間を減らして自分の幸せな時間を作る

仕事が休みの日はパンを焼いて昼食をとることが多いです、というお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA