DIY

アメリカンポストの留め具が破損して閉じなくなったので修理しました。

おはようございます。どじょうです。今日も4時に起きて色々やっています。今日はアメリカンポストを修理したお話です。

目次
  • 我が家のポストはアメリカンポスト
  • 留め具破損状況
  • 修理パーツ
  • アメリカンポスト修理まとめ

我が家のポストはアメリカンポスト

我が家のポストはこんな形をしたアメリカンポストというタイプのポストです。

我々家族が選んだわけではなく、引っ越してきた時には備え付けられていました。A4の書類などそのまま入らないですし、開け閉めの音がうるさいですが、メルカリなんかで買った小物はそのまま入ったりするので一長一短です。アレ?短所の方が多いかな?まぁいいか。

開けるとこんな感じです。まぁ不満を述べつつも取り換えることなくずっと使ってきました。ところが、そんな開け閉めうるさい我が家のアメリカンポストの留め具が壊れてしまいました。

破損状況

破損前は上の写真だったものが壊れて下の写真のようになりました。

隙間ではさんで止めていたものが隙間が無くなってはさめなくなってしまったのですね。こうなるともう閉められないので開けっ放しです。しかも壊れた日は午後から雨予報。雨、入り込み放題です。

郵便物ってだいたい紙製であることが多いと思うんです。困りますよね。仕方がないので扉の隙間に割り箸差し込んで開かないようにしました。中は濡れませんが開けられません。何のためにあるのかわからない金属の塊が出来上がりました。

次の日には割り箸は落ちて扉開いてましたけどね。

修理パーツ

「ジェラコン埋め込みキャッチ」というのをネットで購入しました。サイズを測り、調べ、問題なさそうだったのがコレでした。Amazonや楽天なんかでも1セット100円しないで売っていますが、送料がかかります。私はヨドバシカメラで5セットを購入しました。正直5セットもいらないのですが、送料無料なのと今後また壊れた時にサッと修理できた方がいいかな、という予備です。それでも5セットはいらないですけどね。

今までついていたものは金属製。新しく購入したものは樹脂製なので違和感は否めませんね。

刺さる方も受ける方も、壊れていなかった後ろ側もせっかくなので交換しました。だって5セットあるんだもの。

気を付けたい点

ネジですね。ネジは購入したものに付属のものは合いませんでした。なので元々壊れたパーツを止めていたネジを再利用しました。最悪ネジだけ買いに行けばいいんですけどね。

アメリカンポスト修理まとめ

修理完了しました。開け閉めも問題なくできます。替えたてだからなのか少し硬いですけどね。見た目の違和感も少しありますが、郵便を受け取ることに関しては問題なく働いてくれることでしょう。

ポストごと買い替えてしまおうか、という話にもなったんですけど結局修理しました。近所のホームセンターにはちょうどいいポストが売っていなかったからです。ただそれだけです。でもまぁ結局安く済んだしなんだかんだ言って愛着あるポストですし、結果的にはこれで良かったのかなと思っています。

少し検索するとアメリカンポストの留め具のところが壊れてしまうケースは多々あるようですね。そんな方に修理の仕方としてこの記事が参考になれば幸いです。

今日の一言

アレ?短所の方が多いかな?

今日はアメリカンポストを修理したお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA