生き方

読書という栄養摂取を再開することにした話

自宅待機中だけど何かしたくて辞めてたYouTube視聴を再開したら、読書を再開にすることになったというお話です。

おはようございます。どじょうです。今日も4時に起きて色々やりたかったのですが結局5時半でしたね。

だいぶ変化した環境に慣れてきたので4時の目覚ましで起きたのですが、隣で寝ていた次男も起きてしまいました。再度寝かしつけた結果5時半になってしまいました。

さて、みなさんは読書習慣はありますか?

私は最近あまり読めていませんでしたが、また読もうと思えることがあったのでお伝えしたいと思います。

目次
  • 本=心の栄養
  • 足りない部分を補うのが栄養
  • 実体験
  • 読書についてのまとめ

本=心の栄養

本って心の栄養だと思うんです。本に限らず情報全般そうかもしれません。

本読んで得られるモノってなんでしょうか。知識ですね。

知識が得られると何が変わるのでしょうか。行動が変わりますね。

なんで行動が変わるのでしょうか。知識が心に栄養を与えエネルギーに変え、その力で身体が動くんだと思うんです。

何も知らないことをいきなりするのって怖いものです。理解できない、知らないモノに我々は恐怖するのです。

ただ、本読んで知識をつけると知らないモノが少し知っているモノに変わるので少し怖くなくなります。

本を読んで心に栄養を与えることで色んな事が行動可能になるのです。

足りない部分を補うのが栄養

今回新たに発見したのが心が欲している栄養でないと取り込みにくいということです。

本読んでもピンとこないことって多々あります。文章の書き方とか時代的なものもあるかもしれません。

ただ、個人的には読み手がその本を読む状態になっていないからなんじゃないかな、と思っています。

聞きたくない話を聞くのってどんなにわかりやすく話してくれても辛いですけど、聞きたい話ってわかりにくくても辛くないです。

鉄分不足して貧血になっているときに水分補給しても貧血は治りません。

これらと同じように本も読み手が欲している内容でないと、読んでも取り入れられないんじゃないかと思います。

実体験

昨日実体験として以前読んだ本が別物のように感じられたエピソードをお話します。

以前はYouTubeでアバタローさんとかマコなり社長とか見るのが好きでした。見るというか聞くのが。

しかし最近全然聞いていませんでした。飽きたのか、なんか聞いてると疲れるようになってしまったのです。

ただ、自宅待機になって何かしたいと思いました。でも手は空きません。耳だけ傾けることはできそうだと思い試しにまたマコなり社長を聞いてみたのです。

するとどうでしょう。凄いすんなり心に入ってくるではありませんか。

仕事で悩んでいたようなこともなんかスッキリ解決しそうな感じ。次出社したらまずこれやってみよう、こう考えてみよう、など色々湧き上がってきます。

流れでアバタローさんも聞いてみます。やっぱりすんなり入ってきます

アバタローさんの動画は本の解説動画なので本を読んだ感覚になります。が、実際に読んでみようと思いました。

近くに置いてあった本を手に取り次男が寝ているすきに読んでみるとこれまたすんなり入ってくる。以前読み進めるのが辛くて放置した本だったのに。

きっと私の心の状態が変わったから、心が欲しているモノが変わったから、本という栄養を取り込みやすくなったのだと思いました。

読書についてのまとめ

そんなわけで昨日からまた読書を再開している状態です。

読み手の状態が変われば本という栄養の取り込み方が変わるということを実感したからですね。

ただ、自宅療養、自宅待機の状態は継続中ですので隙間時間を利用することになりそうです。

それでも寝る前の10分だけは読書のみの時間を作ろうと思います。

どんな状況でも自分にできることをしっかりやっていきたいと思います。

今日の一言

同じ本でも何度でも読もう

自宅待機中だけど何かしたくて辞めてたYouTube視聴を再開したら、読書を再開にすることになったというお話でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA